現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 知里幸恵ノート

コレクション

知里幸恵ノート

 『知里幸恵ノート』は、アイヌ語を母語とする女性、知里幸恵(明治36年(1903年)~大正11年(1922年))が、祖母や伯母から聞き覚えたアイヌ民族に伝わるユーカラ(英雄叙事詩)などの口承文芸作品を、ローマ字で綴ったものです。

 大正12年(1923年)に郷土研究社から出版された『アイヌ神謡集』のもととなったノートで、平成22年3月に北海道指定有形文化財に指定されました。

 『知里幸恵ノート』に綴られた伝承作品のうち、13話のカムイユーカラが『アイヌ神謡集』に収められています。

 『アイヌ神謡集』は、昭和45年(1970年)に弘南堂書店から、昭和53年(1978年)に岩波書店から出版されています。また、全文をインターネットの電子図書館「青空文庫」で読むことができ、現在まで読み継がれています。